「Magic Trackpad 3」の旧モデルとの外観や付属品の違い・旧モデルの中古をオススメしない理由

Magic Trackpad 3パソコン周辺機器

自宅での作業効率を上げるために、2021年に発売されたばかりの「Magic Trackpad 3」を購入しました。

この記事は、2015年に発売された旧モデルとの違いや変更点、今から購入するなら中古の旧モデルではなく最新モデルを買うべきということを紹介します。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,242(2021/11/30 17:36:12時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

開封と内容物

Magic Trackpad 3

パッケージはシンプル

Magic Trackpad 3

紙の様な包装に

パッケージは、Apple製品らしく白基調でシンプル。開封すると、ビニールではなく紙の様な質感のフィルムに包まれたMagic Trackpad  3本体と対面。

Magic Trackpad 3

付属品は、Lightning USB-Cケーブルと説明書。

Magic Trackpadのデザインと設置

Magic Trackpad 2021

ホワイトのガラス面が美しいトラックパッド。 机の上に置くだけでオブジェとしても映えます。

Magic Tracpad 3

実際にモニターやキーボードと併せるとこの様な感じに。色を揃えたい人は、モニタースタンドやキーボードなどもホワイトにすると統一感を出すことができます。ブラック系統が多めでも、適度なアクセントにすることができるので、組み合わせは自由。

大きな違い1:本体がより丸く

Magic Trackpad 2021

最新モデル

Magic Trackpad 2

旧モデル

旧モデルと最新モデルの大きな違いは、本体デザイン。基本的なサイズ感は変わらないものの、四方の角が丸っこくなり、可愛さが増しました。

旧モデルはもう手元にないため、直接比較はしていませんが、明らかに丸くなり、印象が変化しました。それほど大きな変化を感じない人もいるかもしれませんが、この変化によって最近のiMacやMacBook Pro 14/16などと親和性の高い外観に。

大きな違い2:ケーブルが編み込みの高耐久仕様に

Magic Trackpad 2021
2つ目の大きな違いとして、付属のケーブルが、編み込みの高耐久仕様かつLightning – USB Type-Cになった点が挙げられます。

旧モデルは、いわゆる破れやすい材質のケーブルで、なおかつUSB-Aでした。USB Type-Cかつ高耐久仕様になったことで、MacBookに接続して充電する際にも利用しやすくなりました。些細な変更ではありますが、実用的なケーブルが付属するのはありがたいですね。

中古で2015年モデルより2021年モデルがおすすめ


これから買うのであれば、一世代前のものを中古で購入するより、2021年に販売開始された最新のMagic Trackpadを購入することをオススメします。

理由としては、中古品はバッテリーの劣化のおそれがあるから。旧モデルの発売が2015年ということは、短期間のみ使われたものから最長で6年近く使われたものまで存在します。購入者側からは、その中古品がどれくらいの期間使われてきたものかわかりません。買ってみたは良いものの、バッテリー消耗で、頻繁に充電しなければダメなんてことも。

そうしたリスクを考えると、新品で最新モデルを買うのがお得です。旧モデルの中古は9,000円程度、2021年に販売開始された最新モデルは13,800円です。価格差は4,000円、5,000円程度。一見すると大きな様に見えますが、トラックパッドは長く使う重要な製品です。こうしたコストを削って痛い目を見るなら、付属品も刷新されている最新モデルを買ったほうが良いでしょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥13,242(2021/11/30 17:36:12時点 Amazon調べ-詳細)

コメント