【比較】「BOOX Note 5・Air2」と比較して「HUAWEI MatePad Paper」はおすすめ?

MatePad Paper BOOX Note 5電子ペーパータブレット

ファーウェイ・ジャパンは、電子ペーパータブレット「HUAWEI MatePad Paper」を、6月9日に国内で発売します。

この記事では、「MatePad Paper」が、競合機種となるであろう「BOOX Note 5・Air2」と比較して魅力的なのか、そしてお買い得なのかを紹介していきます。

スポンサーリンク

MatePad Paperのスペック

MatePad PaperBOOX Note 5BOOX Note Ai2
OSHamony OS2Android 11
SoCKirin 820ESnapdragon 662
ディスプレイ10.3インチ(1,404×1,872)
4,096段階筆圧検知, フロントライト
RAM4GB
ストレージ64GB
バッテリー3,625mAh3,000mAh
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac/ax802.11a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.2Bluetooth 5.0
サイズ158.6 x 74.8 x 8.9 mm249 × 176.5 × 5.8mm229.4 × 195.4 × 5.8mm
重量207g385g420g
カラーブラックブルー
指紋認証ありありなし
その他USB Type-C, USB 2.0
価格(Amazon)58,909円79,800円69,800円(現在売り切れ)

MatePad Paperで魅力に感じる部分

高スペックであることの快適さ

MatePad Paper
HUAWEI MatePad Paperは、SoCにKirin 820Eを採用し、電子ペーパータブレットとしてはかなりハイスペックになっています。対抗機種になるであろうBOOX Note 5やAir2は、Snapdragon 662を搭載しています。Antutuベンチマークの結果を参考にすると、Kirin 820Eは約35万点、Snapdragon 662は18万点と、対抗機種よりも2倍の性能を有しています(参考;ReaMEIZU 1, 2)。

このスコア差を鑑みると、PDFのスクロール感やアプリの起動速度、ペンで書いたときの遅延など、色々なシーンでMatePad Paperは、かなり動作面で快適なタブレットになることが想定されます。

遅延の無さに対する期待

上記の動画では、BOOX Note Airをはじめとして、様々な電子ペーパータブレットの遅延が表になっています。この結果によると、reMarkable 2が約27msなのに対し、BOOX Note Airは約52msの遅延となっています。

MatePad Paper
ファーウェイ公式によると、MatePad Paperで使用するM-Pencilの遅延は26ms。reMarkable 2は電子ペーパーの中でも遅延の少なさに定評があり、それに匹敵するトップクラスの低遅延が期待できます。

リフレッシュレートの自動最適化

MatePad Paper
MatePad Paperは、書類やGIFアニメなどに合わせて、自動でリフレッシュレートを変更する機能があります。電子ペーパータブレットの場合、見やすい表示のためには細かな最適化が必須。ユーザー側で手動で調整する必要が無いのは魅力といえます。

BOOX Noteシリーズの方の魅力

Google Playストアが利用できる

PDA工房 アンチグレアフィルム

写真はBOOX Note Air


Google Playストアが利用できるのは、BOOXシリーズのストロングポイントです。普通のAndroidタブレットの様に、好きなアプリケーションを電子ペーパーで使うことができます。KindleやPlayブックスなど、好きな電子書籍アプリを利用可能。その他にも、クラウドストレージからPDFなどのファイルを持ってくるのも簡単です。

MatePad Paperも、Harmony OS搭載なのでAndroidアプリは使えるようですが、Google Playストアのインストールは困難を極めることが予想されます。

価格はMatePad Paperの方が安い

モデル価格
MatePad Paper58,909円
BOOX Note 579,800円
BOOX Note Air269,800円(現在売り切れ)

価格は、MatePad Paperの方が安く、入手難易度も低めです。現在AmazonではMatePad Paperは、9%OFFの価格で58,909円。そこから更に、価格の下に表示されている3,000円のクーポンを適用すると、55,909円で購入することができます。他のモデルよりも1~2万円程度安くなっています。

ちなみに、どのモデルも専用のスタイラスペンとケースが付いてくる部分は同じです。

MatePad Paperを購入した理由:動作と遅延

BOOX Note Air/Air2 純正ケース

写真はBOOX Note Air


“普通”に色々なアプリをインストールして、Androidタブレット的に使うつもりなら、BOOX Note 5・Air2がおすすめです。基本的なノートなどの機能に大きな差はないため、Google Playという優位性のあるBOOXシリーズの方が利便性は高いでしょう。

MatePad Paper
ただ、筆者は、あえてMatePad Paperを選ぶことにしました。理由は、動作の速さと遅延の無さ、そして金額です。

今まで筆者が感じてきた電子ペーパータブレットに対する不満は、動作の速さと遅延の無さに集約されます。アプリの起動や動作をはじめとして、PDF閲覧の際の拡大・縮小のスムーズさ、ペンで文字を書いたときのズレの少なさには、ディスプレイとSoCの基本的な性能が重要になってきます。MatePad Paperは、かなりハイレベルな仕上がりになっており、快適に使えそうというのが大きなポイントです。

また、価格も競合製品と比べると圧倒的に安くなっています。Quadernoシリーズと比べるとちょっと高くはなりますが、Harmony OS搭載で、Kindleなどのアプリをインストールできるであろうことを考えると、むしろお買い得な印象も受けました。

ノートやPDFの閲覧重視なユーザーにとっては、MatePad Paperの方が向いているかもしれません。


Source:HUAWEI|SKT 1|2

コメント