音質重視の私が遮音性壊滅の「AirPods」を購入してみてのレビュー

AirPods

ここ数年イヤホンに万単位でお金をかけ、スマホの付属のイヤホンなど音質の悪いイヤホンを敬遠してきたのですが、今回なにを思ったのかAirPodsを購入してみたのでレビューします。

なんといってもペアリングが便利

AirPods
Apple W1チップを搭載しているので、蓋をあけてiPhoneに近づけるだけで画面に表示されワンタップでペアリング完了。これでiPhoneだけでなく手持ちのiPadやMac、Apple Watchでも使えるようになります。
AirPods
iPhone 7で使用していてもiPadやMacの画面からAirPodsとの接続を行なってあげればすぐ切り替え可能でいちいちペアリング解除して再接続する必要はありません。この辺りは流石Appleというところ。

コンパクトで持ち運びしやすい

AirPods
本体サイズはiPhone 7の半分以下で非常に小さく、手の小さな女性でも問題なく握れるサイズ感。カバンでスペースも取りませんし、左ポケットにiPhone、右ポケットにAirPodsみたいなこともできます。

ケースにはバッテリー内蔵で長持ち

AirPods
ケースにはバッテリーが内蔵されているので、使わないときはしまっておいて充電が可能。通勤通学やひまな時間に音楽を聴いても2, 3日充電することなく使えます。

一回の充電で最大5時間使えるとAppleは謳っていますが、実際に使ってみてもその数値とのズレは無く、持ちに不満は全く無いですね。

走っても落ちない

装着感はEarPodsに近く良好で、走ったりジャンプしたりしてもおちる気配はなく安定しています。

うどんがいい

AirPods
発売当初は耳から垂れたうどんなどと揶揄されたAirPodsですが、個人的にはこのうどんの部分がすごくいいと思います。というのもこのうどんの部分が着け外しするときに、ちょうど持ち手のようになり手から落とさないようになります。

EARINなどの耳栓型のイヤホンを使用したこともありますが、コンパクトな反面ハウジング部分をもって装着するのでどうしても落としやすかったりします。家ではいいですが、外出先で着け外しするときは注意を払ってしまうのでこの点ではAirPodsのデザインは最適解かなと思います。

遮音性は低めだが

AirPods
AirPodsを購入する前EarPodsと変わらない遮音性の低さをかなり心配していたのですが、この欠点が逆に利点になっている気がします。これまで外出するときは外部の音をシャットダウンして、音楽に集中できるような環境を整えることを重視していたのですが、AirPodsによってBGMとしての音楽の楽しみ方が出てきました。

更に外部の音が聞こえることで安全に歩けるというのもポイントですね。特に夜道などでカナル型イヤホンで音楽に集中していると車の走行音なども聞きづらいことも多く危なかったのですが、AirPodsをしているとそういう音もちゃんと聞こえますね。

もし音楽に集中したいのであれば同じW1チップ搭載のBeats Xあたりがおすすめ。便利さそのままで遮音性が向上します。

音質は良好

EarPodsと同じ様な音質ですが、外出先で使う&遮音性を重視しないといった使い方をしているので、普段数万円のイヤホンに慣れている筆者でも全く違和感ないですね。むしろ解像度がそこまで高くないので聴き疲れしにくいです。

音漏れとかは?

電車内で使う際は音量半分くらいであれば走行音や人の話し声もあって音漏れしているとはわからないようですし(友人談)、音量に配慮すれば図書館などの静かな環境でも使えるのでそこまできにする必要はないのかなと思いますね。

細かな機能もGood!

片耳を外すと音楽を一時停止したり、AirPodsを装着時に本体をダブルタップするとSiriを起動させたり音楽の再生/一時停止などの操作を割り当てることも可能。

そのほかにも片耳をケースにしまって、片側だけで音楽を聴くこともできます。

これは買い

2,3000円で安いBluetoothイヤホンが買える時代に、1.8万円という値段は少し高く感じられるかもしれませんが、この製品は金額に見合っただけの便利さを提供してくれます。しかも、長期間使っていくのであれば全然この金額は出してもいいのではないかなと思っています。

iPhoneユーザーなら一つ持っておいて損はないでしょう。