購入するバッテリーは見極めて!自力でのVAIO Pro 11のバッテリー交換に失敗しました

VAIO Pro 11のバッテリー交換を自力でやってみようかなという話をしましたが、見事に失敗したので交換の手順と失敗の原因を紹介します。

VAIOを開腹する

VAIO Pro
バッテリーへアクセスする手順としては、ゴム足の裏に隠されているネジを外し、真ん中のシートバッテリー接続の部分にあるネジを外すと開けることができます。

ネジ自体は小さなプラスドライバーで大丈夫。
VAIO Pro
開けるとこんな感じ。バッテリーもネジで固定されているので、コネクタ部分(2か所)とサイド部分2か所を外すと取り外しできます。

あとは新品のバッテリーにしてネジをとめて蓋を閉めれば交換はできます。

但し、ここで問題が発生

交換用バッテリーが過放電?

VAIO Pro
ソニー時代のものと構造は変わらないため、VGA-BPS37というバッテリーを注文。届いたのが上の商品でした。”RECHARGEBLE BATTERY PACK”の文字の上にはSONYのロゴがありましたが、黒いシールで隠されてました。

サイズもコネクタもぴったりだったものの、充電コードを繋いでみても無反応。2, 3時間充電しっぱなしにしても充電ランプは点灯せず、まったく使い物になりませんでした。

充電コードをつなぐとPCの起動はできますが、バッテリーは充電されていませんとの表示が。結局VAIO Proのバッテリー交換はバッテリー本体の不良で結末を迎えました。確かに発売からそこそこ時間が経ちますし、売れていなかった交換バッテリーは放電しているかもしれない事実に注意ですね。

確実に交換したいなら公式サービスの利用をおすすめします。