バッテリー持ちを考慮し、ChromeからMicrosoft Edgeにブラウザ乗り換え

Edge

これまでMacではSafari、WindowsではもっぱらChromeを既定のブラウザとして利用してきたのですが、バッテリー持ちを考えるとEdgeの方が良いのではないかと思い乗り換えることにしました。

バッテリー持ち良さそう


Microsoftの公式YouTubeにバッテリーテストの動画を上げており、FireFoxが7時間4分19秒、Chromeが9時間17分3秒、Edgeが12時間31分8秒になっています。

動画の方法でテストを行っただけなので、実際の使い方でどの程度差が出るかはわかりませんが、ブラウザを頻繁に利用している人はこのあたりも注意すべきかもしれません。

操作感が軽い

これまでは最初に起動するブラウザでありながら、Chromeをインストールしたあとは用済み感の強かった純正ブラウザですが、実際に使ってみて良かったのが操作感。

UIというより寧ろ動作が操作に対して直感的なのが良かったところ。あくまで感覚的な話ではありますが、トラックパッドやマウスで操作した際Edgeが個人的にはあっており、Internet Explorerとは全く異なっている様に感じました。

Chromeも使っていく

Chromeから乗り換えると言いましたが、パスワードやブックマークなどもEdgeにインポートはしていないので、徐々に使いつつ移行をしてみようと思います。