Majestouch MINILA Air JP68キー 黒軸を買ったよ!平べったいキーボードが好きな人でも使いやすいかも

Majestouch MINILA Air JP68キー 黒軸 ガジェット・ブログ環境

遂に!メカニカルキーボードの「Majestouch MINILA Air JP68キー 黒軸」を買いました。これまでMacBookのバタフライキーボードやMagic Keyboardなどの平べったいキーボード信者だったのですが、メカニカルキーボードの領域に手を出してしまいました。

初めてノートPCのキーボードよりも打ちやすいと感じたメカニカルキーボード「Majestouch MINILA Air JP68キー 黒軸」が気になる
これまでずっとノートPCなどに搭載されているフラットなパンタグラフ式のキーが、メカニカルなどのキーが飛び出たものよりも打...
スポンサーリンク

これまで抱えていた問題

Magic Keyboard、Winでまともに使えない

Magic Keyboard
Magic Keyboard、BootCamp用のドライバーをインストールすればキーを認識し文字入力可能ですが、一部使えないキーがあったり、キースワップしないとまともに使えないという問題?がありました。
打ちやすくて気に入ってはいたのですが、やっぱり通常とは配列が異なっていたり、表示されているキーと違うキーを押すのは認知的な負荷もかかるので、良い状態とは言えませんでした。

Windows用キーボードもいまいち

VZ239HR
ロジクールのWindowsキーボードも持ってたいたのですが、打鍵感がふわっとしていて入力するとキーがブレる印象がありイマイチな上に、割と頻繁に入力を受け付けないという問題が生じていました。

キーのブレなさ、安定感で印象が変わる

個人的に今までMagic Keyboard系統のキーが好きだったのですが、恐らく好きだった理由はキーを打ったときのブレなさ。
平たいタイプのものであればそのズレの違和感も気になりませんが、キーが立体的な安いタイプの製品では、動く幅が大きいので気になることが多々ありました。

家電量販店で、いわゆる高価なキーボードを試し打ちしていたのですが、そういったタイプはズレが少ない印象。ミスタイプも減る印象。

外観とか使用感とか

Majestouch MINILA Air JP68キー 黒軸
筆者はだいたい身長が178cmくらいで、そこそこ手が大きいとは思うのですが、コンパクトすぎることはなく丁度いいサイズ。多分普通のサイズ感なので、どんな人にとっても利用しやすいと思いますね。

Majestouch MINILA Air JP68キー 黒軸

右下には立体的なFILCOロゴ

Majestouch MINILA Air JP68キー 黒軸

右上には状態を表すLED

キーの配列と角度の切り替え可能

Majestouch MINILA Air JP68キー 黒軸
背面には電源スイッチとペアリングボタン、キー配列の切り替えボタンがあります。ペアリングに関しては3台まで可能。3台ペアリングすると、電源を入れたときに、勝手に準備状態のものとペアリングしてくれるので、切り替えも楽ちん。

筆者はとりあえず右のShiftキーをDeleteに変更する設定で使っています。キーマップをいちいちパソコン上で変更する必要が無いのがポイント。
通常のフルキーボードであるようなPrtScキーやF1~12などのキーもFnキーとの組み合わせでで利用可能。普段入力する上で困ることはないですね。

optionやcmdなどの印字もされているので、Macでも。

Majestouch MINILA Air JP68キー 黒軸
裏面にはスタンドがあり、立てて角度を付けることが可能。写真では僅かな角度に見えますが、これを使うだけで指を伸ばさなくても上の方の列のキーの入力ができるので、負担は減りますね。

Windowsでも文字入力が楽しくなった

今までMacとかMagic Keyboard使っている時しか文字入力は楽しくなかったのですが、Majestouchを使っているとスコスコとキーが入力の入る間隔が楽しい上に、黒軸の反発力の強さも相まって、スピードはかなりアップ。文字入力が楽しくなりましたね。

いわゆるこの商品に似た普通のメンブレンキーは苦手だったのですが、Majestouchのおかげでこういうデザインのキーに対する印象が変わりました

Majestouch MINILA Airは
「ほんとスコ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました