スマートフォンを2台→1台持ちにして良かったこと・困ったこと

iPhone XS ガジェット・ブログ環境

毎年スマートフォンをたくさん買ってきたにも関わらず、ここ一ヶ月はついにiPhone XS1台持ちになりました。

実際にスマホ1台しか持ち歩かなくなったことで、良かったこと・逆に困ったことがありました。

スポンサーリンク

1台持ちにして良かったこと

  1. データの分散がなくなる
  2. 日常生活・旅行での充電ケーブル・充電器が少なく
  3. ポケットやカバンも軽く

1点目は、データの分散がなくなる点。特にiPhoneとAndroidスマホの2台持ちの場合、それぞれのスマホで撮影した写真は、Googleフォトなどで同期しない限り確認することができません。
iPhoneがメインで、iPadとMacの写真共有はiCloud経由で「写真」アプリで行うため、「Androidスマホで撮影したあの写真がない!」なんてことがしばしば。その度いちいち同期をして…なんてことがありましたが、スマホが1台になったことでそんな問題もなくなり、データの管理が楽になりました。


2点目としては、日常生活や旅行などでの充電ケーブル・充電器が少なくて済む点。スマホやタブレットの端子に合わせてケーブルが必要でしたが、それもなくなり今ではLightning-USB Type-Cに一本化。Macなどと共に充電器が共通化できたことで、ケーブルの煩わしさが減りました。

台数が減ったことでポケットやカバンも軽くなりました。これまでは左ポケットにメイン、右ポケットにサブのスマホを入れていました。最近のスマホは低価格帯でもサイズが大きいことが多く、左右それぞれのポケットにスマホがあると、見た目が不格好に。だからといってカバンに入れておくと、ほとんど使わなくなってしまいますし、邪魔な荷物になります。サブ機が防水でなければ雨に濡れない様に配慮する必要がありますし、荷物の管理という点においても、圧倒的に1台の方が楽ですね。

1台持ちで困ったこと

  • バッテリー持ち

困った点はこれ1点。スマホ1台でSNSやポケモンGOなどやっているとどんどんバッテリーが減っていきます。2台持っていたときはある程度使い分けをしていたので、1日出かけてもメインのスマホには40-50%くらい残っていましたが、1台持ちにすると家につく頃には20%を切っていることも多くなり、夜帰宅すると充電は必須に。

普段は寝る前に充電器に繋ぐだけで良かったのが、少し早い段階から繋ぐ必要があり、家の中でも、また夜に少し散歩したいときにも少し行動が制限されてしまうことになりました。このあたりは、iPad Proを外出先や電車内で使ったり、そもそもデジタルデバイスに触れる時間をうまく減らすことで対処できそうです。

正直あまり困らない

日常生活において困ることはほとんどなく、1台持ちの方がポケットも軽く非常に身軽な気分に。バッテリーに関してもモバイルバッテリーでこと足りますし、2台目のスマホを買うより圧倒的にお得。

正直なところ電話番号を複数使いたいとか、仕事とプライベートで分けたいとかででなければ、あまり意味はないかなとも思っています。最近はDSDVなスマホも増えているので1台持ちでも複数SIM運用できますしね。

スマートフォンは好きなので今後も気になるものがあれば、買い替えたり、買い足して2台持ちみたいなことはするかもしれませんが、実用上においては1台持ちの方が良いこともあるというお話でした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました