「OPPO Reno 3 Pro PANTONE 2020」のファーストインプレッション、箱から付属品すべてPANTONEカラー

OPPO Reno 3 Proレビュー

OPPOが2019年末に発表したSnapdragon 765G搭載「OPPO Reno 3 Pro」の「PANTONE 2020」 バージョン・Classic Blueカラーを購入しました。今回はパッケージについての紹介や軽く触ってみてのファーストインプレッションをお伝えします。

スポンサーリンク

PANTONEとは?

アメリカ合衆国ニュージャージー州に本社がある企業で、グラフィック関連事業を業務としており、色見本帳、カラーマッチングシステムの提供を行ったりをしています。

デザイン、印刷物、工業製品、アパレル製品などのさまざまな分野で、色見本帳などの商品を提供しており、デザイナーが意図した色と実際に作成されたものとの間で色合いを確認するために利用されているようです。

「色」を専門とした企業で、毎年、その年の色を発表しています。日本ではソフトバンクとコラボしてケータイを出したり、最近ではファーウェイがHUAWEI P10のときにPANTONEの色を採用したりもしていました。

今回購入したのは、OPPOがコラボし、2020年の色「Classic Blue」カラーを採用したモデルになります

PANTONEとは何? Weblio辞書
PANTONEとは?IT用語辞典。 読み方:パントン別名:パントーンPANTONEとは、アメリカに本社を持つグラフィック関連事業を業務とする企業の名称、あるいは、同社が提供している色見本帳、カラーマッチングシステムなどのことである。PA...
色見本「PANTONE(パントン)」はどのように「色」の世界標準となったのか?
プロのデザイナーは、東洋インキのCOLOR FINDERや、ドイツ・HKSのColour Guideなどの「色見本帳」の色名や色番号をもとにデザインに使う色を指定していますが、色見本帳の中でも世界で広く使われているのが「PANTONE(パントン)」です。ニュースサイトのThe Atlanticがパントンの誕生秘話や、世...

パッケージからClassic BlueとPANTONEが強調

OPPO Reno 3 Pro

OPPO Reno 3 Pro

パッケージは縦長のデザインで、PANTONEのロゴやClassic Blueであることが箱の時点から強調されています。むしろ「OPPO Reno 3 Pro」 であることを示すものは左上のロゴ程度で、箱の上面から側面に至るまでPANTONE的なデザインを採用されています。

OPPO Reno 3 Pro

OPPO Reno 3 Pro

箱の蓋の裏側までツートンカラーで、説明書が入っているモノにもPANTONEロゴがあしらわれています。勿論イヤホン、充電器、充電ケーブルに至るまでClassic BlueとWhiteの2色構成。

OPPO Reno 3 Pro
ケースにも箱などと同じようなデザインに。このあと紹介する本体と反転させた形の色合いになっているのが特徴です。

本体にも大胆なロゴが!

OPPO Reno 3 Pro
Classic Blueや右下のロゴマークは、購入時に貼り付けられているフィルムかと思いきやこちらはれっきとした本体デザイン。グラデーションカラーなどが最近の流行りですが、このモデルでは色名を表示するスタイルになっています。
Classic Blueの文字の部分がクリアな色合い、それ以外の部分がマットな仕上げに。ちなみに背面はガラスパネルです。

OPPO Reno 3 Pro
ディスプレイはパンチホール式の6.5インチ・フルHD+の有機ELディスプレイ。90Hzのリフレッシュレートにも対応。

OPPO Reno 3 Pro

下部

OPPO Reno 3 Pro

右側面

端子はUSB Type-Cで、デュアルSIM対応。指紋認証は画面内に内蔵されており、顔認証でもロック解除が可能。

細身で持ちやすい・最高

OPPO Reno 3 Pro
6.5インチと画面はそこそこ大きいにも関わらず、横幅は72.4mm(Reno Aは6.4インチ・75.4mm)まで絞られており、重量も171g、厚さ7.7mmと最近のスマートフォンにしては軽量になっています。

スリムになって削られたところがあるわけでもなく、ちゃんとバッテリーも4,025mAhあり、RAM8GB・Snapdragon 765Gと性能も良く、カメラもクアッドでOISも搭載するなど、かなり完璧に近いスマホに仕上がっています。購入して軽く触りましたが、個人的には久しぶりにワクワクするスマートフォンに当たった印象です。

created by Rinker
OPPO Japan
¥35,780(2020/09/24 20:28:16時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

  1. 有馬和哉 より:

    コメント失礼します。
    こちらの商品を購入検討していますが実際どこで購入できますか?

    • きなこぱん より:

      Aliexpressか中古スマートフォンを取り扱っているショップ、フリマアプリ等が主な入手先になると思います。
      Aliexpressでは「OPPO Reno3 Pro 5G」と検索すると、出てくると思います。さっと確認した限りでは、今回紹介しているモデルではない通常のカラーは普通に販売されているようです。Classic Blueは取り扱っているセラーは少ないようです。

タイトルとURLをコピーしました