10.3インチのカラー電子ペーパーの「BOOX Tab Ultra C」発表:モノクロは300ppiの高精細に!

BOOX Tab Ultra CBOOX
※記事中に含まれるリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。
※記事中に含まれるリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

10.3インチの大きな画面サイズに、カラー電子ペーパーを搭載した「ONYX BOOX Tab Ultra C」が発表されました。10.3インチサイズで、モノクロは300ppi可能で、高精細なディスプレイを搭載しています。

スポンサーリンク

BOOX Tab Ultra Cのスペック

OSAndroid 11
CPUQualcomm Advanced Octa-core
RAM4GB(LPDDR4X)
ストレージ128GB(UFS2.1)
ディスプレイ10.3インチ、モノクロ: 2,480 x 1,860; 300ppi
カラー: 1240 x 930; 150ppi
筆圧4,096段階
カメラ1,600万画素
バッテリー容量6,300mAh
サイズ225 x 184.5 x 6.7 mm
重量480g
Wi-FiWi-Fi (2.4GHz + 5GHz)
BluetoothBluetooth 5.0
オーディオ2スピーカー、2マイク
その他USB Type-C, 指紋認証, MicroSD

モノクロ300ppi & カラー150ppiで高精細

BOOX Tab Ultrra C
ついにBOOXの10.3インチサイズのタブレットも、E-Ink Carta 1200のモノクロで300ppiのディスプレイを搭載することになりました。これまでは10.3インチで300ppiというとKindle Scribeだけでしたが、採用端末が増えることに。

旧モデルは227ppiでしたが。300ppiとなったことで高精細になっています。本を読んだりするときの文字の綺麗さや、絵の綺麗さも大幅に変わることが想定されます。

また、カラー表示はE-Ink Kareido 3を採用し、150ppiでの表示が可能になっています。4,096色/16段階グレースケールに対応で、旧世代のKareido Plusと比較して30%彩度が上がっています。

指紋認証や1,600万画素のカメラ

BOOX Tab Ultra C
指紋認証にも対応しており、画面のロック解除もかんたんです。さらに1,600万画素のカメラもあるので、カラーの書類などをさっと取り込んでメモするなど、使い勝手の幅も広くなっています。

MicroSDにも対応

BOOX Tab Ultrra C
MicroSDでの容量拡張にも対応しており、128GBで足りない人はストレージを拡張できるのもポイント。PCから自炊した電子書籍を転送する際にも便利かもしれません。

マグネティックキーボードで長時間の文字入力

BOOX Tab Ultrra C
最近の電子ペーパータブレットで流行りのキーボードにも対応しています。磁石で装着可能で、目に優しい電子ペーパーを使いながら、集中して長時間の文字入力が可能です。

BOOX Tab Ultra Cの価格

BOOX Tab Ultra CはBOOX Tab Ultra C
香港向けのストアでは、価格は599ドル(約81,776円)となっており、5月10日午前10時(GMT+8; 日本時間同日午前11時)から予約受け付け再開予定です。ちなみにEU/UK向けショップでは、価格649ユーロ(約98,598円)で、現在売り切れ中です。

BOOX Tab Ultra Cはこちら


Source: ONYX

コメント