最新のKindle PaperwhiteからBOOX Nova 3に買い換え:なぜ電子ペーパーAndroidタブなのか

NEW Kindle Paperwhite 11th 2021Kindle

先日Kindle Paperwhite(第11世代・2021)を購入しましたが、より汎用的な電子ペーパーAndroidタブレットであるBOOX Novaシリーズへの買い替えを決意しました。

Kindle Paperwhite自体は、ハードウェアも素晴らしく大変気に入っています。しかし、Kindle専用であるという制約から、日常生活を革新するようなガジェットではありません。「BOOX Nova」シリーズは、生活を大きく変化させてくれるのではないか、という期待から買い換えることにしてみました。

スポンサーリンク

Kindle Paperwhiteから買い換える理由

Kindleシリーズに対する不満点

NEW Kindle Paperwhite 11th 2021
Kindle Paperwhiteはあくまで“Kindle”のみの利用しかできないというのが、買い替えを決意した理由の一つです。折角、良いディスプレイや筐体を持っているにも関わらず、Kindle本の利用しかできません(PDFも転送すれば読めますが、便利ではありません)。また、レビューにも記載したように、ブラウジングにも向きません。

筆者の場合、Kindle本以外のPDFの資料や論文、書籍を閲覧する頻度も高く、すべてがKindle本で完結しませんし、できません。折角、良いハードウェアがあるにも関わらず、使用頻度はそれほど高くありませんでした。

ただし、Kindle本しか電子書籍を利用しないなら、Paperwhiteは、クオリティや価格の面で圧倒的な良さを持っています。これは他の製品と比べても、です。

ディスプレイの閲覧時間を減らす・読書量を増やす

電子ペーパーの製品を使うことで、目への負担を減らしたいというのも理由です。日常的にパソコンやタブレット、スマートフォンなどのディスプレイに囲まれて暮らしていて、目への負担はかなり大きめです。

KindleがPDFの閲覧やブラウジングに向いていれば、普段の生活の中に取り込むこともできますが、そうではありません。結局PDFを見るタイミングもパソコンやタブレットを使わざるを得ません。

電子ペーパータブレット「BOOX」シリーズの魅力

BOOX Nova 3
Android 10搭載でGoogle Playストアに対応しているので、好きなアプリを導入することができます。Kindleはもちろん、Google DriveからPDFを引っ張ることやブラウジングも可能。動画などは厳しいですが、それでも確実にディスプレイを見る時間を減らせます。

また、最近のBOOXシリーズはQualcommのSoCを搭載しています(おそらくSnapdragon)。旧モデルは動作が緩慢で使う気が起きませんでしたが、ちょっと触ったところ、大きく改善していたのもポイントです。

画面サイズも7.8インチと見やすいサイズ感になっています。Androidのバージョンも10と比較的新しいのも良いところ。

スペックはかなり実用的で、なおかつ生活を大きく改善してくれそうなので、とりあえず「BOOX Nova 3」を購入してみました。



コメント