【レビュー】AirPods Proと悩み抜いた末にソニーの「WF-1000XM3」を購入した話

WF-1000XM3スピーカー/イヤホン

ノイズキャンセリング搭載の左右独立型ワイヤレスイヤホンの2大巨頭Appleの「AirPods」とソニーの「WF-1000XM3」。ネット上には両方購入して音質やノイズキャンセリングの性能などをレビューしている方が沢山います。

しかし、一般人が購入するのは恐らくどちらか一つだけ。ということで、試聴したりレビューを色々調べた上で、なぜiPhone XSとともに使うイヤホンをWF-1000XM3にしたのか、そして実際どうだったかを紹介します。

スポンサーリンク

WF-1000XM3 VS AirPods Pro

世間一般の評価

  • AirPods Pro:ノイズキャンセリング最高、音質も悪くない
  • WF-1000XM3:音質が良い、ノイズキャンセリングも悪くない

あくまで筆者自身が見たり読んだりしたレビューの範囲ですが、音質のWF-1000XM3、ノイキャンのAirPods Proというイメージ、ただどちらのイヤホンもノイキャン・音質ともに高いレベルにあるという評価がなされている気がします。

この時点で自分の求めるものが「音質」とか「ノイズキャンセリング」とかハッキリわかれば決断できますが、やっぱり悩ましいポイントだったりします。

自分の環境に当てはめてみる

  • 基本的にiPhone XSで音楽再生。
  • iPadやMacで使う機会はほとんどゼロ
  • 音質重視

基本的に音楽再生についてはメインのiPhone XSで行い、再生・曲送りなどはApple Watchで行います。Apple H1チップなどを搭載しているAppleやBeatsのイヤホンは、複数のApple製品間での切り替えは非常に簡単ですが、これまでAirPodsを使ってきて利用することはあまりなくなくても大丈夫。

重視したいポイントとしては音質とそこそこの遮音性。どちらも試聴をしてみましたが悩みは深まるばかり、最終的には値段が決め手で、WF-1000XM3の方が5000円以上安く、入手できるのも早そうだったのでこちらを購入。迷ったら値段です。

実際にWF-1000XM3を利用してみて

WF-1000XM3
音質:音質についてはかなり満足度が高く、クラシックからアニソン、洋楽まで幅広く楽しめており、不満な点はないですね。左右独立型ワイヤレスイヤホンでもかなり良い方だと思います。試聴した段階では少し低音が強いと感じることがあったものの、実際継続して使用してみるとそこまで気にならなかったですね。

ノイキャン・外音取り込み・すべてOFFの状態ではっきりと聞こえる音に差があり、機能として使い分けるメリットを感じました。電車内や町中を歩く時などにも使用して見ましたが、英語のリスニングCDやクラシックなどの音声や音楽もそれほど音量を上げなくても、しっかり聴けるのはノイズキャンセリングの良い点ですね。

充電に関しては、1週間ほど通学に使ったり、東京に旅行に行ったときにも使ってみましたが、バッテリーが足りないなんてこともなく、数日に一回程度の充電で十分でした。

唯一の不満はケースの大きさ

WF-1000XM3
2週間ぐらい使ってみて、気になった欠点はケースのはサイズ。AirPodsを利用していたときはコンパクトだったため、尻ポケットに入れて、電車内などで椅子に座っても短時間であれば気になることはなかったのですが、WF-1000XM3は明らかに大きく異物感を感じてしまいます。

冬の間はコートのポケットなどに入れられるので気になりませんが、夏になったらカバンにしまうなど別の収納場所を考える必要がありそうです。

頼れるものは値段

WF-1000XM3
AirPods Proが30,580円(税込み)で入手するのに時間がかかるのに対し、WF-1000XM3はAmazonなどで25,164円で購入可能。新品にこだわらなければ2万円以下で販売するところも出てきており、入手難易度は一時期に比べると簡単になっています。

機能面で実際に聴き比べて見て、音質やノイズキャンセリングの性能で好みが分かれれば楽ですが、そうならなかった場合はやっぱり値段が大事。最悪困って安い方を買うみたいな選択肢もありだと思います。


created by Rinker
Apple(アップル)
¥30,580(2020/04/02 14:07:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました