Chromebookの仮想マシン(KVM)でWindows10が起動しないときの対処法

Acer Spin 713ガジェット
見た目はWindowsノートPCに

Acer Chromebook Spin 713に、仮想マシン(KVM)経由でWindows 10を導入したのですが、Chromebook本体を再起動すると”Error starting domain: Requested operation is not valid: network ‘default” is not active”と表示され、Windows 10が起動しなかったので、その対処法のメモ。

スポンサーリンク

ChromebookでWindows 10が起動しないとき

Error KVM Chromebook

sudo virsh net-start default

Linux周りは詳しくないので原理はわかりませんが、上記のコマンドをLinuxのターミナルに打ち込むと、Windows 10が問題なく起動する様になります。

ただし、起動する度に毎回入力する必要があるのが難点ですね。何かしら回避する方法があれば知りたいところ。詳しい方いれば、ブログのコメント欄かTwitterで教えて頂けると助かります。

libvirtdがネットワーク設定にebtablesを使うようになってたのでlibvirtのネットワークが起動してなかった - φ(・・*)ゞ ウーン カーネルとか弄ったりのメモ
今回のめもはArch Linux以外だと多分関係ないかも。パッケージの依存関係でebtablesが必須になっていれば多分問題無いはず。 仮想環境でも立ち上げようと思ってvirsh start ~なんてやったら↓のようなエラーが。 virsh Requested operation is not valid: netwo...

上記のサイトを参考にしました。

Chromebook上でWindowsを動かしてみた(QEMU/KVM)
HP Chromebook x360 13cを買いました。Chromebookとしてはハイスペック(i7-10510U、16GB RAM、256GB SSD)なので、何をやっても快適です。しかし、Windowsが欲しいと思うこともしばしば。そういうときは素直にWindowsマシンを使ったり、リモートデスクトップで接続し...

ちなみにChromebookへWindows 10を導入する方法は、こちらのサイトに非常に詳しく載っています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました