【レビュー】軽さ・性能・オシャレさを備えた「ASUS Chromebook Flip C436FA」:最高のChromebook

4.5
ASUS Chromebook Flip C436FAレビュー

ずっと使ってみたかったASUSの「Chromebook C436FA」を購入してみました。今回買ったのはCore i3-10110U/RAM8GB/128GBモデル。

これは非常に良いモノで、2021年のベストChromebookになるかもしれません。

スポンサーリンク

外観:エアロジェルホワイトが美しい天板

ASUS Chromebook C436FA
まず、目に入るエアロジェルホワイトの天板は、非常に美しいです。写真ではわかりづらいかもしれませんが、光の加減によって、青っぽくも輝き、非常に高級感があります。

マグネシウム合金でできており、しっかりしているのもポイント。

ASUS Chromebook Flip C436FA

右側面

ASUS Chromebook Flip C436FA

左側面

右側面にはUSB Type-CとMico SDカードスロットとスピーカー、左側面にはUSB Type-Cとイヤホンジャック、音量ボタンと電源ボタン、スピーカーがあります。

MicroSDスロットへは、付属のペンホルダーを利用してUSIスタイラスペンを装着することが可能。

ASUS Chromebook Flip C436FA
天板とキーボードの間はくの字型になっており、開閉が簡単に行えるようになっています。

ASUS Chromebook Flip C436FA
キーボードはシルバーで統一されています。

ASUS Chromebook Flip C436FA
ノートPCモードで使っているときは、ヒンジでリフトします。360度開けることが可能で、タブレットスタイルやテントモードでの利用もできます。

キーボード:打ちやすい・打鍵音は大きめ

ASUS Chromebook Flip C436FA
キーボードの配列至って普通の日本語配列、ちょっと左のシフトや検索キーが長く、右のエンターキーが小さく感じますが、打鍵には大きな影響なし。バックライトもあります。

ASUS Chromebook Flip C436FA
しっかり沈み込みもするので、非常に打ちやすいキーボードです。ただ、打鍵音は大きく感じました。

重さ:14インチなのに1.15kg

ASUS Chromebook Flip C436FA
ディスプレイは14インチサイズですが、本体サイズは13インチ程度の大きさ。しかも、重量は1.15kgとこのサイズにしては非常に軽量です。MacBook Airよりも圧倒的に軽く、片手で抱えたりかばんに入れた際に、かなり違いを感じます。

動作性能:Core i3でも快適

ASUS Chromebook Flip C436FA
Core i3-10110U・RAM8GB搭載で、普段使いなら遅いと感じるシーンは皆無。128GBモデルでも、ストレージはPCI Express接続なので、ローカルファイルへのアクセスも高速です。ローカルに取り込んだ写真データの編集やCrostiniでLinuxアプリの操作もスムーズにできました。

スタイラスペン:Keepなら快適

ASUS Chromebook Flip C436FA
USIスタイラスペンも付属しています。単6電池で駆動し、充電は不要なタイプ。Google Keep上での手書きメモは、反応に遅れも感じずスムーズに動作します。

一方AndroidアプリのNoteshelfだと、ちょっとズレが大きく、常用するのは厳しい印象をうけました。このあたりはGalaxy Chromebookなどでも同じなので、多くのChromebookに共通した現象なのだと思います。

バッテリー持ち:良い

ASUS Chromebook Flip C436FA
バッテリー持ちはかなりいいですね。公称11.8時間で、流石にそこまでは持ちませんが、ブログを買いたり動画を見たりしても8, 9時間は使えました。1日電源が無い環境で作業しても、安心感のあるバッテリー持ちです。

最高のChromebook:軽さ・性能・オシャレさ

ASUS Chromebook Flip C436FA
ASUS Chromebook Flip C436FAは、今まで使ってきたChromebookの中で一番良いです。14インチサイズなので1.15kgだったり、普段使いやLinuxアプリの動作にも困らないほど性能もよく、ノートPC全体で見てもオシャレなデザインをしているのがポイント。

特に、旧モデルとなるChromebook C434TAやC425にあった、本体の重たさやチープさ、デザイン的な野暮ったさに加え、Linuxアプリを本気で使う際の性能不足感が完全に解消されており、非常に完成度の高い1台になっています。

ライトユーザーでもカッコいいChromebookが欲しいという人には、Core i3モデルがおすすめ。10万円以下と入手しやすい価格で、2,3年は余裕で使っていける製品が手に入ります。逆にCrostiniでLinuxアプリをガンガン使うという人には、Core i5やRAM16GBのCore i7モデルが用意されており、幅広いユーザーにとっておすすめできる製品と言えるでしょう。


コメント