【比較】新しい「Kindle Paperwhite (第11世代)」が10月27日発売:旧モデルから買い替え推奨・シグニチャーモデルにすべき?

Kindle PaperwhiteKindle

大幅な刷新がなされた新しい「Kindle Paperwhite」が10月27日から販売開始されます。この記事では、新しいKindle Paperwhiteの特徴や価格、旧モデルと比較して買い換える価値があるか、通常モデルかシグニチャーモデルどちらにすべきかを紹介します。

スポンサーリンク

Kindle Paperwhiteのスペック

Kindle PaperwhiteKindle Paperwhite
シグニチャーモデル
ディスプレイ6.8インチAmazon Paperwhiteディスプレイ、16階調グレースケール
解像度300ppi
明るさ自動調節×
ストレージ8GB32GB
バッテリー最大10週間
(明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分)
Wi-Fi・Bluetooth802.11b, g, n
サイズ174 x 125 x 8.1 mm
重量205g207g
充電USB Type-CUSB Type-C
Qi
防水IPX8
価格広告あり:14,980円
広告無し:16,980円
広告無し:19,980円

Kindle Paperwhiteは2モデル展開で、通常モデルとシグニチャーモデルの2つになっています。どちらも基本仕様としては同じですが、シグニチャーモデルは明るさの自動調節、ストレージ32GB、ワイヤレス充電(Qi)に対応しています。

Kindle Paperwhiteの価格・発売日

モデル発売日価格
8GB・広告あり・Wi-Fi10月27日14,980円
8GB・広告なし・Wi-Fi16,980円
32GB・広告あり・Wi-Fi
シグニチャーモデル
11月10日19,980円

最安モデルが14,980円からで、発売日は10月27日からになっています。ワイヤレス充電に対応したシグニチャーモデルのみ、11月10日発売予定となっています。

価格に関しては、旧モデルから1,000円程度の値上がりですが、それを余裕で満たすだけの大幅刷新になっています。ちなみに現時点でWi-Fi+無料4Gモデルの設定はありません。。

主な特徴と旧モデルからの主な変更点

ディスプレイ:大画面化

Kindle Oasis Paperwhite

6インチの旧Paperwhiteと7インチのOasis


画面が6インチから6.8インチへ大型化し、最上位モデルのKindle Oasisの7インチに近い画面へとなりました。僅かな画面サイズの増加にも見えますが、このサイズ帯で1インチ近く大きくなると、表示領域の変化は大きく、圧倒的に見やすくなります、

モデル新Paperwhite旧PaperwhiteOasis
174mm167mm159mm
125mm116mm141mm
8.1mm8.18mm3.4-8.4 mm
重さ205g182g188g

画面はビッグになりましたが、本体のサイズアップは最小限に抑えられています。旧Paperwhiteと比較して、縦横共に増加は抑えられており、上位モデルのOasisと比較しても、横幅は細く片手で持ちやすくなっています。

USB Type-C:やっと現代的な充電方法に

Kindle Paperwhite
2012年に日本で販売開始してから、ずっとMicroUSBが採用されて聞いたKindleシリーズですが、ついにUSB Type-Cに対応します。他社の電子ペーパー端末が軒並みUSB Type-Cになっていく中、やっと追いついた形になります。

筆者自身、MiroUSBのガジェットは手元にほとんどありません。Kindleを充電するためだけに、わざわざ取り出すのは面倒だと感じていたので、ありがたいアップグレードです。

防水:安定安心のIPX8

Kindle Paperwhite
従来モデルから引き続き防水(IPX8)にも対応しています。IPの防水等級では最高のIPX8に対応しており、、深さ2mの真水に60分、または深さ0.25mの海水に3分沈めても大丈夫な性能。「バスタブに落としてしまっても安心。」とあるように、お風呂に持ち込んだり、キャンプなどのアウトドアでも安心して利用することができます。

ワイヤレス充電:シグニチャーモデルのみ

Kindle Paperwhite
ワイヤレス充電に対応したKindle Paperwhiteも初登場しました。規格はQiとなっています。iPhoneや多くのAndroidスマートフォンで用いられている方式と同じ。

充電頻度が高くないからこそ、ワイヤレス充電対応の意味があります。スマートフォンで使っているQi充電台やMagSafe充電器をそのまま流用することが可能で、わざわざKinlde充電のためにケーブルをセットアップする必要がなくなります。

買い換える価値アリ:ただし4Gユーザー以外

Kindle Paperwhite 旧モデル
新しいKindle Paperwhiteは、大幅な進化をし読書体験が良くなるので、買い換える価値はあると言えます。画面サイズやUSB Type-Cなど普段使う上で、旧モデルの不満点が潰されており、利便性を大きく変わります。Kindleで読書することがあれば、買っておいて損はありません。

ただし、現時点では、旧モデルにあったWi-Fi+無料4Gモデルはありません。スマートフォンのテザリングで十分だとは思いますが、どうしてもモバイル回線付きのKindleが欲しい人は、まだ購入するのは待ったほうが良さそうです。

通常モデルかシグニチャーモデルどちらにすべき?

Kindle Paperwhite
両モデルの大きな違いは、ストレージと明るさ自動調節とワイヤレス充電です。沢山本を入れたり大きなサイズの本を入れる人は、必然的にシグニチャーモデルになります。また、屋内と屋外、明所と暗所を行き来して読書する頻度が高いならシグニチャーモデルになります。さらに、有線で充電するのが面倒な人もシグニチャーモデルになります。

逆に、多くの人にとっては、通常モデルで十分といえます。8GBでもかなりの本が入りますし、明るさを低めにしていても蛍光灯の下で十分読書できます。充電頻度もそれほど高くないので、有線でも手間にはなりません。

価格差は広告ありモデルで5,000円(14,980円 VS 19,980円)、広告なしモデルで3,000円(16,980円 VS 19,980円)です。この価格差でフィルムだったりケースだったりアクセサリーを揃えることも可能です。この価格差を許容しても、快適さを取りたいのであれば、シグニチャーモデルを買う価値があるといえるでしょう。


【まとめ】新しい「Kindle Paperwhite (第11世代・2021)」向けに必須のアクセサリー・購入時の注意点
10月27日から販売開始されるKindle Paperwhite (第11世代・2021)向けにおす...

コメント