「iPhone 13 Pro Max」から「iPhone 13 mini」に乗り換えようとしてやめた

iPhone 13 miniとiPhone 13 Pro MaxiPhone

2023年1月に、「iPhone 13 Pro Max」から「iPhone 13 mini」に乗り換えようとしたのですが、結局やめました。

スポンサーリンク

ミニサイズのiPhoneを使いたい

iPhone 13 Pro Max
iPhone 13 mini購入の動機は「ミニサイズのiPhoneを使いたい!」という気持ちからでした。1年ちょっと使ってきたPro Maxは、238gと重く、大型なスマホです。外出頻度が増えてきたこともあり、コンパクトでさっと取り出せるスマホが欲しいと思うように。

また、最近のiPhoneのminiシリーズの状況は、14で廃止され15にも恐らく無さそうな雰囲気。さらには、中止されたとの噂のiPhone SE(第4世代)も大型化するとのことで、miniシリーズに風向きが悪かったのも事実。

iPhone 13 mini
2023年の9月には、発売から2年を迎えることもあり、メインとしてminiシリーズを使えるのは、今しかないと思いiPhone 13 miniの購入しました。miniがフィットすれば、iPhone 13 Pro Maxを売って、むしろ差額分お得だなと考えてもいました。

iPhone 13 Pro MaxとiPhone 13 miniを使ってみて

Pro Maxはバッテリーを気にしなくて良い

iPhone 13 miniとiPhone 13 Pro Max
iPhone 12 mini比で、iPhone 13 miniのバッテリー持ちは良くなりましたが、それでもiPhone 13 Pro Maxのバッテリー持ちは異次元です。動画を見ても、カメラを使っても、テザリングをしても、1日バッテリーを気にしなくて良いのは、Pro Maxの凄さ。2日くらいは余裕です。miniだと、やっぱり1日の終わりにはバッテリー残量が気になりますし、1日1回の充電は必須でした。

カメラはPro Maxの魅力だが…

iPhone 13 miniとiPhone 13 Pro Max
ちょっとした撮り比べもしましたが、基本的にはiPhone 13 miniもPro Maxも出てくる絵はほぼ同じです。

ただ、Pro Maxの方が、望遠カメラやApple ProRAWへの対応で、撮影の幅は広いのは事実でした。ただ、ミラーレス一眼レフを持っていれば、この違いは気にしていなかったと思います(逆にないから重視した)。

iPhone 13 miniを手放した

iPhone 13 mini
iPhone 13 miniは、コンパクト・軽量さからくる可搬性の良さが魅力でした。一方、iPhone 13 Pro Maxは、圧倒的重量感から繰り出される、コンテンツ消費力、カメラの良さ、バッテリーの持ちが魅力でした。

コストが許せば、どちらも持っていたかったところ。ただ、そのコストで別のガジェットが買えることを考えると、そこまで維持するメリットがないのも事実でした。

結局、どっちも魅力的で、iPhone 13 Pro Maxを残したのも、1年使って愛着があるからで、miniが先だったら、逆の結論になっていた可能性は高そうです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥108,680(2023/02/02 09:57:58時点 Amazon調べ-詳細)

コメント